長距離旅行にお役立ち!夜行バスや機内で快適に過ごす方法

長距離移動のポイントは「むくみ」と「乾燥」をふせぐこと!

日本最大のバスターミナル、バスタ新宿ができて、長距離バス、特に夜行バスでの移動はより身近なものになったのではないでしょうか。女性向けのおしゃれなバスや様々なオプションつきのバス、個室バスまで登場して長距離バス市場は大変活気付いているようです。
しかし長距離バスでの移動や、海外へ行く際の飛行機で何が一番大変かというと、やはり長時間狭いシートに座っていなければならないということに尽きるのではないでしょうか。
苦痛を和らげ快適な旅にするために、スリッパ、マスク、空気枕、耳栓やアイマスク、それから上着を準備するといいでしょう。コンタクトを使用している人は、目薬と眼鏡があるとよいです。女性は出来ればすっぴんで乗り、降りた後でメイクすると乾燥がいくらかマシになります。
車内や機内で特に気になるのが「むくみ」と「乾燥」です。
その二つを緩和できれば、長距離の移動もいくらか快適になるのではないでしょうか。

さらに快適に過ごすためのコツ

便利アイテムが準備できたら、さらに快適に過ごすためのちょっとしたコツをご紹介します。
まずは席選び。選べる場合は、トイレが近い人は通路側の席を選ぶとよいでしょう。逆に誰にも邪魔されずずっと寝ていたいのなら窓側の席を選ぶのがおすすめです。
当日の服装は締め付けの少ないものを着ていくと快適です。足元はすぐにスリッパに履き替えてしまえばむくみにくくなります。
シートに座ったら、毛布や上着を丸めて腰の後ろに入れると疲れにくくなります。上着は冷えたときに羽織れるので重宝しますね。
時々は足首を曲げ伸ばしすると、むくみ解消になります。たまには体を動かして、エコノミー症候群にならないように気をつけてください。今は100均でもむくみ解消グッズが売っていますので、小さい物を買っておくのもいいかもしれません。
移動で疲れてしまっては折角の旅行も楽しめなくなります。移動を快適にして、良い旅になるよう工夫しましょう。

海外に旅行するなら行き先の治安も気にしましょう

さぁ、日本を出て世界へ行きましょう

不安もありますが、それ以上に期待を持って世界を旅したいなんて人は、好奇心が旺盛なのでしょう。初めて海外に旅行されるなら、パッケージツアー等で、きちんとしたガイドと有名な所を巡るほうが良いでしょう。国内ならいきなり一人旅をしても、言葉が通じますし、食べ物が合わないなんて事もありませんが、海外ですと、言葉が通じなかったり、食べ物が合わず腹痛に悩まされたりします。ですが、パッケージツアーを使い海外に旅行される場合は、日本語に対応している所か、現地の言葉を使えるガイドがいます、食べ物が合わないなんてことはあっても、腹痛を起こすほどでもありませんから、最低限の危機管理さえできていれば、心配はありません。

治安の良い国なら、一人旅も安心です

治安の良い国と言うよりも、治安の良い島といった方が正しいでしょう。代表的なものがABC諸島です。オランダ領で、世界一治安が良いと言われています。三つの島なっています。どの島も道などが綺麗で、勿論ですが、海も綺麗です。ですが、いくら治安が良いと言っても真夜中は基本的に危険です。世界には、治安が守られている国がいくつかありますが、初めて海外での一人旅を計画されるのでしたら、治安の良い国から選ぶ方が良いでしょう。英語は万国共通語ですが、世界中の全ての国で通じるかと言うと、まだまだ、浸透していません。もしくは旅行されるなら、日本人が経営する宿に宿泊すれば、少しくらいは不安を取り除けるのではないでしょうか。

持っていると安心!海外旅行であると便利なアイテムについて

ホテルで過ごすときに便利なアイテム

旅行の時にあると便利なものとして、ドライヤーがあります。ホテルに用意されていないことも多く、髪だけでなく洗った衣類や水着なども早く乾かすことが可能です。洗濯に使う洗剤やネット、干すために使うひも、さらにドライヤーを使うための変圧器と充電器も準備しておきましょう。電子機器などを充電する時に便利です。また、バスタオルやフェイスタオル、除菌ができるウェットティッシュなども何かと役立ちます。特にトイレにはトイレットペーパーが置いていないことも多いため、清潔な環境で使いたいならば除菌が可能なウェットティッシュを準備しておきましょう。洗濯が必要な衣類やティッシュはエコバッグやビニール袋があると、分けやすくなります。

外で観光する時に便利なアイテム

旅行で街を観光するならば海外は日差しが強いことが多いので、ストールや帽子をかぶっておきましょう。防寒対策としても活用できるストールは機内でも便利です。また、ガイドブックを持ち歩くだけでなく電子辞書や電卓も持っておくと買い物の交渉に使うことができます。観光スポットを撮影するためにカメラを持ち歩くならば、貴重品として狙われしまった場合を考えて首にかけておきましょう。この他、外で怪我をしてしまった時のことを考えて、バンソウコウや虫除けスプレーなどもあると安心です。靴は新品のものよりも、履き慣れているものの方が足への負担が少ないです。このようなアイテムを、行き先に応じて荷物に追加し快適な旅を目指しましょう。

ゲレンデでもグルメが楽しみたい!美味しいものが食べられるスキー場2選

かたしな高原スキー場

軍前健にあるかたしな高原スキー場です。このスキー場で食べられるグルメは、スキー場の中腹にある「チャイルドイン」というお店の「ローストビーフごはん」です。このレストランでは、本格的なポルシチや雪山ソーセージなども食べられ、肉派にも米派にももってこいのメニューです。美味しいものをしっかり食べて、スキーにも熱が入るでしょう。
このスキー場は、広々としたゲレンデで爽快に滑れるのが特徴で、スノーボードが禁止なため、スキーヤーだけが安全に滑れる快適なスキー場なのです。
ミッフィーがメインキャラクターとして設定されていて、小さな子供向けのレッスンもあり、子供にも大人気のスキー場です。ファミリーで行くのに最適です。

新潟県の石打丸山スキー場

新潟県にある石打丸山スキー場では、大丸山ゲレンデ上の「ケルン」というレストランにて「焼きビーフシチュー」が食べられます。全てが手作りで、ソーセージなども美味しく生ビールとの相性も最高です。
このスキー場は、家族で楽しめるがコンセプトになっていて、ファミリーやビギナーが安心して楽しめるコースが盛りだくさんです。
最大4,000メートル以上ものロングランを滑ることごでき、山頂では見事な景色も楽しめます。
スノーボード専用のスノーパークもあるのでスノーボーダーも大満足でしょう。
リフト券については、家族で購入するとお得な「ファミリー券」も購入できます。キッズパークもありますので、雪を見るのが初めての小さな子供も楽しめるはずです。

海外観光客がたくさんやってくる岐阜県のよさ

自然に触れてリフレッシュすることができる

旅行の醍醐味は、普段見ることのできない壮大な景観を見ることができることです。写真や映像で見るのと肉眼で見るのとでは迫力が全く異なりますし、新鮮な感動が得られるでしょう。岐阜県も美しい自然がたくさん残っています。都市部で生活している人なら日頃の疲れをリフレッシュさせるのにもいいのではないでしょうか。しかも、岐阜県は温泉でも有名な土地柄です。国内屈指の温泉に入ることで身体を癒してあげましょう。岐阜の人気スポットでおなじみの高山から電車に乗って少し行くと、飛騨古川という場所につきます。飛騨古川はサイクリングコースがあるので、自然や素朴な街並みを楽しみながら自転車旅行をたっぷり楽しむことができるのです。

レトロな文化や庶民派グルメが魅力

岐阜の観光名所としては、海外で三ツ星を獲得した高山と世界遺産にも登録された白川郷があまりにも有名です。高山は外国人好みの庶民的で古風な日本文化を分かりやすく味わうことができる点と、外国人観光客が不自由しないように気配りが行き届いている点が評価されました。日本人の目から見ても地酒屋や人力車屋、お土産屋に飲食店などが一通り揃っていて、しかも時間をかけずにまわることができる適度な広さは魅力的です。若い女性中心に流行している古民家カフェもあります。白川郷はその季節ごとに違った顔を見せてくれますし、特に冬になるとライトアップしてきれいです。食事も庶民的なB級グルメが充実していて、高山ラーメンや五平餅など安くておいしいものがたくさんです。